2015年8月10日 (月)

これはどなたにお返しすればよろしいですか?

150809_205833


8/9(日)、城南海「ウタアシビ2015夏」に参加しました!
ライブハウスなんて25年ぶり、しかも渋谷。

開場の45分前頃、会場に到着したところ、エントランスには
予想通り数十人のお客さんがいます。

会場エントランスの真ん中には仕切りがあり、右側に城南海さんあての
花がならび、ライブの看板がある。
そしてこちら側には人があまりいない。扉はあるが出口のようです。

向かって左側にも、花がならび、こちらにはいっぱい人が集まり、警備員が
「道にはみださないで!」と声をからしている。
2階への階段があり、入場口は2階との案内が。

「こっちに待機するんだな」と、エントランス左側に入り、
人ごみにまもれているとどんどん人が増えてきます。

意外に若い人が多く、中高年はあまり見かけない。
南海さん、カラバトのおかげでファン層が広がったな…と喜んでいると、
スキンヘッド、短パン、大きなリュックの大柄な男性が
なにやらまわりにさけびながら、ぼくのすぐ近くに寄ってきたのです。

「○○○ありますか!」と、見たことのない透明のスティックをぼくに差し出します。
よく聞き取れず、聞き返すと「サイリウムありますか」と聞いているようです。
「ありません」と答えると、一本くれました。






「ああ。コンサート最終曲で、観客が右左に振る、ぴかぴか光る棒がこれか」
と受け取ると、彼は去り際に、

「制服シンデレラでお願いしますっ!」

と一言。

その瞬間、ぼくの頭はめまぐるしく回りだす。

「制服シンデレラ」?

『伽奈』? 『綾蝶』?
それとも、シングルにそんな曲あったけ?

次の瞬間、稲妻に貫かれたように悟りました。

「ここは違う…」

どんどん詰めかける数百人の人波をかきわけ、ほうほうの体で
道路まで脱出し、間仕切りの反対側へとようやくたどり着いたのでした。


この建物には2つのライブ会場があり、左側では某アイドルグループ、
右側では城南海さんのライブが、同じ時間に開催されていることを
知ったのは帰宅してからのことでした。

ごめんなさい。アイドルグループ ファンクラブの世話人さん。
このサイリウム、どうすればよろしいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

伝説のハワイアンシンガー“イズラエル”

01d21865


38歳で早世した、天才ハワイアンシンガー、イズラエル・カマカヴィヴォオレ。
通称IZ(イズ)。

340kgの巨体ながら、信じられない美声でハワイの人はもちろん、
全世界のあらゆるポピュラーミュージックファンに愛された。
1997年彼の訃報に接し、早すぎる天才シンガーの旅立ちに哀しみ、
ハワイ州は国葬で見送ったと伝えている。

ぼくがハワイアンミュージックに接するきっかけとなった芸術家である。
どこか日本語と近い音をもつハワイ語の歌声が耳にとても心地よい。
ぜひ、一度イズの音楽に接してみてください。

IZ in Concert Full Live Album YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=lLEFp38iWiY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

ハイレゾ音源は脳に「快感」を与える

Photo


電通サイエンスジャムと長岡技術科学大学が、ハイレゾ音源をヘッドフォンで聞くと、脳が「快感」を覚えるという研究結果を発表した。

■ハイレゾ音源を聴くと、脳は“快感”に包まれる?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140923-00010009-dime-sci

ぼくたちが若かりし日、家電量販店に行くとテレビコーナーより大きく立派なスペースで「オーディオ売り場」があった。
しかし今や電気店には専用売り場はいうまでもなく、「オーディオ」という言葉すら見当たらない。携帯売り場の横に「スマホ付属品」としてちゃちなUSBスピーカーがあるだけである。

思えばここ数十年、アナログレコード→CD→MD→MP3(iPod)と、音源記録媒体の音質は坂を転がり落ちるように悪くなっていったのだ。(カセットテープはヒスノイズとワウフラがきついのでここでは除外)

「便利であれば音なんかどうでもいい」。

日本人が、はじめて音質を犠牲にしたのは、カセットテープとウォークマンの二人三脚での大ブームが決定的要因であった。

・青年は外に出てアクティブに音楽を楽しむもの。
・音楽を聴いて踊りながら街を闊歩するのが、かっこいい。
・高いオーディオセットをもち、家でクラシックなどの音楽鑑賞をするのは「オタク」。

などという社会風潮も手伝い、「オーディオ」は完全に息の根を止められた。
しかし、しかーし!
大画面高精細TVや3D映像では、びっくりするけど、心から感動はしないものなんです、人間は。 音楽やストーリーには感動するけれど、ただの画像や絵だけを見て、泣いている人は見たことがない。

よい音、よい音楽の復権。
ハイレゾ音源は今、大いに歓迎すべき文化現象ではありませんか。同年代のみなさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

ハワイ+日本のPopsニューフェイス「Chiyo TIA」

次代ポップスのニューフェイス大発見!
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=Chiyo+TIA&ei=UTF-8&rkf=1

日本生まれ、ハワイ育ちのチヨ・ティア。
のびやかな歌声と歩くような、波に乗るような超ナチュラルなリズム感覚。
ミニCDなど、3枚リリース。メジャーデビュー前だけど、村上ポンタ秀一をはじめ、
上田正樹、南佳孝、小沼ようすけ、近藤房之助、TOSHI(X-JAPAN)、HAPA、
Malani Bilyeu(from Kalapana)等とセッションをする実力派なんです。

ドリカム、岡本真夜ファンはぜひ、あ、アン・ルイスファンもいいかも…。
来年4月に本格CDデビューするそうな。
応援しよう!

9/20(土)江の島シーキャンドル13:30~のLIVEイベントで会えますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

世界一のタブラ奏者の神技〔動画〕

ザキール・フセイン氏のまさに超絶技巧です。

http://ytmusik.web.fc2.com/page/column/inst_tabla.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)