« 名言名句 第六十六回 二宮尊徳 艱難に素して艱難に行ふ。 | トップページ | 【お知らせ】6月12日より寺子屋素読ノ会を再開します。 »

2020年5月21日 (木)

『今昔物語』家で読む名作古典(現代語訳)シリーズ

Konjyaku-bookcover01

【言の葉庵】家で読む名作古典シリーズ、今回は『今昔物語』より

本朝部 巻十九第十四「讃岐国多度郡五位聞法即出家語」をご紹介します。

 

人や獣の殺生をなんとも思わぬ極悪人の源大夫が、ふとしたきっかけから

仏教信仰と出会い、改心して感動の奇跡を起こす物語。

まずはこのような書き出しから、長い魂の遍歴が始まるのです。

 

 今は昔。讃岐の国多度の郡○○郷に、名は知れぬが源大夫という者がおった。

はなはだ気性が荒く、殺生も平気である。日夜明け暮れ、

山や野で鹿や鳥を狩り、海川にのぞんでは魚を獲った。

また人の首を切り、手足を折るようなことも日常茶飯である。

 

 源大夫、因果を悟らずして三宝を信じぬ。

むろんのこと法師などという者をことさら嫌い、

側に寄ることもなかったのだ。

 

このように極悪非道の悪人ゆえ、村人はみな恐れをなしておった。

 

……続きはこちらから↓

http://nobunsha.jp/blog/post_239.html

 

 

|

« 名言名句 第六十六回 二宮尊徳 艱難に素して艱難に行ふ。 | トップページ | 【お知らせ】6月12日より寺子屋素読ノ会を再開します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名言名句 第六十六回 二宮尊徳 艱難に素して艱難に行ふ。 | トップページ | 【お知らせ】6月12日より寺子屋素読ノ会を再開します。 »