« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月30日 (火)

「迷言」が「名言」になる。河合隼雄 VS.武田鉄矢

Yoake01

「のぞみはもうありません」
と面と向かって言われ、私は絶句した。
ところがその人が言った。
「のぞみはありませんが、ひかりはあります」
なんとすばらしい言葉だと私は感激した。
このように言ってくださったのは、
もちろん、新幹線の切符売場の駅員さんである。

 

(河合隼雄)

 

広告文案家だったぼくが、これは!と膝を打った「迷言」の作者が

心理学の泰斗である河合隼雄氏です。

言葉を駆使する臨床心理のプロだから、もちろん名言が多く、

世の中に広く「河合隼雄・名言集」があります。

 

そして、もうひとり。物語の名人である俳優武田鉄矢氏が登場。

この言葉の背景を伝えることにより、「迷言」が「名言」へと劇的に変化するのです。

 

そもそもこの言葉は、河合氏が自殺をほのめかす

患者さんの電話に、当日の学会の予定もすべてほっぽり出して、

夜更の新幹線で東京から関西へと急遽かけつけようとした。

その場面でJR窓口駅員が発したものである、と武田氏がラジオで語っています。

 

この言葉をコピペする多くのブログは、背景と物語を一切説明しません。

「迷言」、「駄洒落」で笑って終わり。

しかし患者にかけるべき言葉をまるで思いつかなかった河合氏は、

ここでまさに神の光、天啓を得た。

なにげない日常会話がひとりでに名言へと生まれ変わったのです。

 

 

オリジナルの武田鉄矢氏ラジオ番組、書き起こしページのリンクをご紹介します。

●武田鉄矢・今朝の三枚おろしの残り

http://urx.blue/Srja

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »