« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月 8日 (金)

千利休の侘びと数奇を解説する講座。6月13日(水)

Photo 来週、6/13(水)日本文化体験交流塾にて、研修講座「禅と日本文化アドバンス」を

開講します。第三回目は「千利休の侘びと数奇~茶道精神史入門」です。

 

◆禅と中世日本文化アドバンス 2018年度

https://www.ijcee.jp/culture/mizuno-overview/lec3mizunoadv/

於:日本文化体験交流塾(港区芝) 

日時:6月13日(水) 10:00~12:00

講師:水野聡

 

今回は、茶道史主要人物の案内として、侘び茶の系譜につながる、

村田珠光、武野紹鷗、千利休にそれぞれスポットライトを当てて、

茶道の歴史と成立をたどっていきます。

 

珠光の侘び茶のバイブルともよばれる「心の文」をまずは解説。

茶の湯の棚物の嚆矢である、紹鷗の袋棚とは何かを詳細に検証します。

そして、茶の湯の大成者であり、日本茶道の源流である千利休について、

その遺偈「人生七十力囲希咄」を解説し、悲運の最期の真相に迫ります。

 

第二部では日本文化ミニ講座を実施。

「侘び」と「数奇」の語源、発祥と歴史的変遷をていねいにひも解いていきましょう。

本講座は一般の方の初めてのご参加も大歓迎です。

 

ぜひご一緒に茶の湯の心、日本の心を学んでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »