« 1/30(火)禅と能の講座、能楽堂実地体験見学会 | トップページ | 【言の葉庵】名言名句 一休道歌 極楽は西方のみかは東にも北道さがせ南にあり。 »

2018年1月21日 (日)

12/24 自由が丘産経学園「風姿花伝を読む」第三物学條々

C0007667 古代人にとって“もの”とは何か。

 

https://sankeigakuen.co.jp/search/detail.php?SC=16&CC=98496

 

 

 

日本人にとって、ものはもの以上である。もののけという言葉があるが、あの「もの」は、じつは目に見えぬ精霊のことである。つまり、魂をものといっている。

 

 日本人にとってものというのは、西洋人のいういわゆる物質ではない。ものは、広い天然宇宙の自然と人間との間のひとつのきっかけ、橋渡しのようなものであり、ものが出てきてはじめて、その背景にあるドラマの舞台に人間はすわることができると考えている。(『利休と日本人栗田勇)

|

« 1/30(火)禅と能の講座、能楽堂実地体験見学会 | トップページ | 【言の葉庵】名言名句 一休道歌 極楽は西方のみかは東にも北道さがせ南にあり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/24 自由が丘産経学園「風姿花伝を読む」第三物学條々:

« 1/30(火)禅と能の講座、能楽堂実地体験見学会 | トップページ | 【言の葉庵】名言名句 一休道歌 極楽は西方のみかは東にも北道さがせ南にあり。 »