« 平仮名はいつ日本中に普及したのか | トップページ | 自由が丘産経学園「能がまるごとわかる」第六回 »

2017年9月17日 (日)

9/21よみうりカルチャー「南方録」講座終講

1001 9/21()よみうりカルチャー恵比寿にて、「千利休侘び茶の世界~南方録を読む」講座があります。

 

◆千利休と侘び茶の世界~『南方録』を読む~ http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201704-01510201.htm

開講日:毎月第三木曜日 1030-1200 20174月~20179月(全6回のコース)

・お問い合せ・お申し込み よみうりカルチャー恵比寿 Tel 03-3473-5005

 

20154月より始まった同講座は、会員様のご熱心なご聴講により開講から2年半で同作品を完読。このたび終講を迎えました。

関係の皆さま、お疲れさまでした。

 

〔茶禅一味〕〔一期一会〕を伝える代表的な茶の湯書として、また独自の茶道具飾りの相伝、〔カネワリ〕を唯一展開する秘伝書として、数ある利休関連の伝書の中でもっとも重んじられ、長く愛読されてきた『南方録』。

手に取るたび、ひもとくたびに、必ず新しい学びと発見が見つかる普及の名著です。

 

よみうりカルチャー恵比寿校では来期、201710月度より新たに「禅と中世日本文化」講座を開講予定です。

 

なお、『南方録』は現在、【言の葉庵】オフィシャル講座「寺子屋素読ノ会」にて、毎月第二金曜日午後3時より、継続実施中です。現在〈台子〉の章を読み進めていますので、ご興味がありましたら、こちらへもぜひお立ち寄りください。

 

◆寺子屋素読ノ会

http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf

|

« 平仮名はいつ日本中に普及したのか | トップページ | 自由が丘産経学園「能がまるごとわかる」第六回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/21よみうりカルチャー「南方録」講座終講:

« 平仮名はいつ日本中に普及したのか | トップページ | 自由が丘産経学園「能がまるごとわかる」第六回 »