« 8/23(水)「風姿花伝」講座@自由が丘産経学園 | トップページ | 9/21よみうりカルチャー「南方録」講座終講 »

2017年8月26日 (土)

平仮名はいつ日本中に普及したのか

0023 和歌刻んだ土器が出土 ひらがなの伝播知る手がかりに
(朝日新聞DIGITAL8/25)
http://www.asahi.com/articles/ASK8T52KWK8TUZOB008.html
山梨県甲州市塩山下於曽の平安時代の「ケカチ遺跡」居館跡から、
和歌を刻んだ10世紀半ばの土器が見つかりました。
同時期、ひらがなのみの和歌の出土例はなく、
仮名の地方伝播最古の例とみられています。
土器に書かれていた平仮名の和歌は以下です。
われによりおも
ひくゝ(または「る」)らむ
しけい
とのあはすや(み)
なはふくる
はかりそ
※(み)は欠損部分のため推定 (朝日新聞DIGITALより)
 
上の和歌が刻まれた土器は、都から派遣された官人が、
地方の有力者に贈答したものとみられています。
しかし内容は、恋歌です。
氏族間の婚姻が関連したのでしょうか。
以下、言の葉庵の読み下しと鑑賞例をご紹介してみましょう。
〔読み下し例〕
上句 我により 思ひ括らむ絓糸(しけいと)の
下句 (1)合はず止みなば 更くるばかりぞ
   (2)逢はずや御名は 経くるばかりぞ
〔鑑賞例〕
(1) なんとなくあなたのことが思われて絓糸で刺繍をしています。  
思いが乱れてうまく縫い取れず、柄も合わないので打ち捨ててしまい、
布も思いも古びていくばかり。
(2)  なんとなくあなたのことが思われて絓糸で刺繍をしています。  
でも、もうお逢いできないので、あなたの名前も刺繍も古びていくばかりです。
実際の歌意は、(1)と(2)を掛け合わせたものでしょう。
着想を、古今集業平の「千早ふる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは」
から得て、「からくれなゐ」を土器の赤色に見立てて詠んだ、
あるいは歌意にあわせて土を選び焼かせたものと思われます。
わが身と引き比べ、業平の東国下りを歌の背景に借りたのかもしれません。
(水野聡/能文社)

|

« 8/23(水)「風姿花伝」講座@自由が丘産経学園 | トップページ | 9/21よみうりカルチャー「南方録」講座終講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平仮名はいつ日本中に普及したのか:

« 8/23(水)「風姿花伝」講座@自由が丘産経学園 | トップページ | 9/21よみうりカルチャー「南方録」講座終講 »