« 1/13寺子屋素読の会「新春の学び初め」 | トップページ | 2/10寺子屋素読の会、能と茶道の「秘伝」を読む »

2017年1月22日 (日)

1/25自由が丘「能の秘密」講座、第四回狂言を開講。

100 125()自由が丘産経学園講座、「能の秘密を解き明かす」。

第四回目は「狂言」を取り上げます。1月より講座下期3回がスタート。

能狂言を始めてみる方対象のやさしく、面白い入門講座です。

ビデオも見ながら視聴覚で能狂言の基本知識を学んでいきます。

 

言の葉庵講座は普段能が中心ですが、今回は能の“弟分芸能”とされる狂言の秘密に迫っていきましょう。

 

 

■能の秘密を解き明かす ~能を支えるワキ・子方・狂言・囃子の魅力

https://www.sankeigakuen.co.jp/contents/course_detail.asp?SC=16&CCD=1060103

 

1/25(水)10:3012:00

於 自由が丘産経学園

講師 水野聡(能文社)

 

 

■講座概要

 

1.『申楽談儀』より、世阿弥時代の狂言の名手、実例を紹介。

 槌太夫、大槌の至芸。

2.狂言の発生と歴史

3.狂言の語源は

4.狂言は南北朝の下剋上の風潮から生まれた

5.狂言はいつ能から独立し、交互に演じられるようになったのか

6.江戸時代、明治時代の狂言の姿

7.狂言の実技

 ・狂言の各役柄 

 シテ、アド、オモ(主・太郎冠者・頼うだお方)

 ・狂言の装束

 ・狂言の用語解説

 ・舞台芸能としての特色と演出

8.現代狂言の各流派

 ・大蔵流

 ・和泉流

 ・鷺流

9.名曲鑑賞

 〈木六駄〉

 〈素袍落〉

 

|

« 1/13寺子屋素読の会「新春の学び初め」 | トップページ | 2/10寺子屋素読の会、能と茶道の「秘伝」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/25自由が丘「能の秘密」講座、第四回狂言を開講。:

« 1/13寺子屋素読の会「新春の学び初め」 | トップページ | 2/10寺子屋素読の会、能と茶道の「秘伝」を読む »