« 寺子屋新クラス「南方録」12/9(金)スタート | トップページ | 名言名句第五十八回 『述懐』 人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん。 »

2016年12月10日 (土)

12/14禅と中世日本文化研修「最終回 禅と能(能楽堂見学会)」

Resize0015

1214()10001500、日本文化体験交流塾において、

 

 禅と中世日本文化シリーズ研修「最終回 禅と能(能楽堂見学会)」を開講します。

 

http://www.ijcee.jp/culture/mizuno-zen/1214/

 

 

 

2年ぶりとなる、矢来能楽堂での実地見学終日講座。

 

今回は座席の改装がなった、新しい矢来能楽堂で、見所から桟敷席、本舞台、楽屋裏まで、能楽堂のすべてを直接見学できる特別メニュー。

 

650年の歴史をもつ、我が国最古の伝統芸能のポイントを、入門者目線でくわしく、わかりやすく、かつ面白くご案内していく講座です。

 

「のう のう」、と能役者になった気分で橋掛かりを歩いてみませんか?

 

 

 

 

 

実施日:1214() 10001500

 

受講料:IJCEE会員 5,800円、一般 6,800

 

定員65

 

 

 

 

 

・研修メニュー

 

 

 

◇午前の部(10001200) 

 

「講義」(日本文化体験交流塾本部@小石川)

 

 

 

●能の歴史

 

●世阿弥とは

 

●風姿花伝とは

 

●能〈井筒〉〈小鍛冶〉ビデオ鑑賞講座

 

 

 

 

 

◇午後の部(13:301500)  

 

 

 

「能楽堂見学会」(矢来能楽堂@神楽坂)

 

 

 

●能楽堂の歴史と構造

 

●能の各流派と観世九皐会

 

●能舞台と能の演技の秘密

 

 

 

●能楽堂バックステージツアー

 

【持参物】和装の白足袋(足袋ソックス・女性用薄いストッキングは不可)

 

※おもちでない方には能楽堂にて当日、足袋を販売します(600)

 

 

 

◇番外編

 

 

 

●神楽坂あるき(15:151630

 

 

 

研修終了後、有志で神楽坂の街を探索します。

 

|

« 寺子屋新クラス「南方録」12/9(金)スタート | トップページ | 名言名句第五十八回 『述懐』 人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/14禅と中世日本文化研修「最終回 禅と能(能楽堂見学会)」:

« 寺子屋新クラス「南方録」12/9(金)スタート | トップページ | 名言名句第五十八回 『述懐』 人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん。 »