« 10/14 NHK〔美の壺〕にて言の葉庵「佐渡状 現代語訳」を放映! | トップページ | 10/26(水)自由が丘産経学園新講座「能を支えるワキ方」 »

2016年10月21日 (金)

禅のふるさと、寒山寺

Kanzanji 戦後の歌謡曲、「蘇州夜曲」にも歌われる寒山寺。

http://ur0.biz/z0Eq

中国の禅の名刹ですが、なんといっても

風狂の詩人、〔寒山拾得〕で名高い名所です。

 

■風狂のバケモノ、寒山拾得。【言の葉庵】コンテンツ

http://nobunsha.jp/blog/post_83.html

 

さて10月18日より、東京国立博物館では禅の名宝を一堂に会した

美術展が開催されます。

 

■特別展「禅―心をかたちに―」

http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=4688

 

禅祖師の画・讃・像はもとより、禅とゆかりの深い茶道の名品も

数多く展示されるようです。

 

足利義政の青磁天目銘「鎹」をはじめ、国宝の油滴天目、玳玻天目、灰被天目。

さらに、伝相阿弥「瀟湘八景図」、伝牧谿「芙蓉図」、

墨蹟では、虚堂智愚「破れ虚堂」などなど。

 

画では、伝周文「十牛図」も展示されます。

先日発刊した言の葉庵訳『現代語訳 十牛図』

http://nobunsha.jp/book/post_161.html

では、オリジナルの五山本を原画としていますが、

周文の優雅な筆致の十牛図は、とても親しみやすいものです。

 

なお、周文は顔輝とともに〔寒山拾得〕を描いており、

いずれも東京国立博物館の収蔵品。

今回同展覧会のリストにありませんが、

禅精神を伝える格好の作品なので展示していただきたいものです。

 

 

禅美術の一大展覧会、秋の良き日にぜひご覧になってはいかがでしょうか。

|

« 10/14 NHK〔美の壺〕にて言の葉庵「佐渡状 現代語訳」を放映! | トップページ | 10/26(水)自由が丘産経学園新講座「能を支えるワキ方」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅のふるさと、寒山寺:

« 10/14 NHK〔美の壺〕にて言の葉庵「佐渡状 現代語訳」を放映! | トップページ | 10/26(水)自由が丘産経学園新講座「能を支えるワキ方」 »