« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月24日 (日)

7/27(水)能の謡と囃子〈橋弁慶〉鑑賞講座

7/27(水)10:30-12:00、
自由が丘産経学園にて言の葉庵の能の講座があります。

■お能鑑賞 はじめの第一歩 ~能の秘密を解き明かす
 第四回 能の謡と囃子〈橋弁慶〉
https://www.sankeigakuen.co.jp/contents/course_detail.asp?SC=16&CCD=1060103

能の基本的な知識を体系的に、またコンパクトに学ぶ
「はじめて見る能」のための入門講座です。

毎回、能の動きや音楽、ストーリー、歴史など
一つのテーマでわかりやすく解説していきます。

今回7/27(水)の回では、能の音楽、謡(声楽)と囃子(器楽)について
その基本的な役割と音楽的な効果を解き明かしていきます。

具体的には、修羅能の名曲〈橋弁慶〉をとりあげ、ダイナミックな能の
音楽の世界に触れてみましょう。
ビデオも見ます。

◆講座内容

1.能の謡
 ・コトバと謡 ・強吟と弱吟の違い ・謡の音程(西洋音楽とどう違うか)
2.能の囃子
 ・四拍子(小鼓、大鼓、笛、太鼓)とは ・囃子の基本的な手組み例(譜面)
 ・囃子の役割(謡の伴奏/役者の入退場楽/舞の伴奏)
3.能〈橋弁慶〉の音楽鑑賞と解説
 ・能のリズム、平ノリと修羅ノリとは

今回は一日体験講座でも受講できます。初参加の方、大歓迎!
上の自由が丘産経学園あて、直接問い合わせをしてみてください。13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

明日21(木)千利休侘茶の世界講座

7/21(木)10:30~ 恵比寿 読売日本文化センター
「千利休の侘茶の世界 南方録を読む」
 講師:水野聡
http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201604-01510201.htm

今回は、〔墨引〕の章を読み進めます。

・利休相伝、カネワリの“数”のルールとは?
・書院と台子ではどう違うか?
・昼と夜では、どのように扱いが変わってくるのか?
・紹鷗と利休が変更した、茶席陰陽の決め事とは?

実例を引きながら、具体的に学んでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

言の葉庵メルマガ発刊しました。

理想の人を見つける方法。【言の葉庵】No.88
http://archives.mag2.com/0000281486/

0000281486 ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ 名言名句マガジン【言の葉庵】
┓┏ ┏┳┓
┣┫OW┃O          手の中に生涯の宝物が眠る 2016/7/13
┛┗━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本語ジャングルは、「理想の人を見つける方法」。古典名著、『葉隠』と『貞観政要』から、人間を知り、育てる極意と達人の叡智を学びます。
この秋催される、第十一回奥川恒治の会の能〈江口〉。名作能を何倍も面白く味わうために事前講座も特別に実施します。講師は、【言の葉庵】水野聡。

…<今週のCONTENTS>…………………………………………………………………

【1】日本語ジャングル            理想の人を見つける方法
【2】能狂言情報          奥川恒治の会 能<江口>と事前講座

編集後記…Mabeshima

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

NHKドキュメンタリー「女ひとり 七十歳の茶事行脚」

放送後、反響がかなり大きかったようで、本日夜アンコール放映(再々)されますね。
見られなかった人はぜひ!茶の湯に興味のない人も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

7/8(金)寺子屋あります。

寺子屋素読の会、明日7月は以下の日程、講座内容にて
実施予定です。

■寺子屋素読の会
http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf
7月8日金曜日
於 新橋生涯教育センター 毎月第2金曜日開講

・Aクラス:芭蕉「奥の細道」 10:00~11:30

今回は「酒田」「象潟」「越後路」を講読予定。
江戸中期の大地震により、永遠に失われた東北随一の名勝地、象潟。
この地で芭蕉は能因、西行の詩魂を追い、また古代中国の悲しい伝説にも
想いを馳せて名句を吟じます。

・Bクラス:世阿弥「風姿花伝」 13:00~14:30

「第六花修に云」の最終段落では、能は〔相応〕によって
はじめて成功する、という伝を解説。
そしていよいよ、風姿花伝屈指の花の秘伝「第七別紙口伝」へと
読み進めていきます。
能の花とは何か―。
観阿弥、世阿弥の発見した舞台演出と芸の理論が、
今日の日本文化の基底をなしていることに気づき、驚かされます。

初参加も歓迎しますので、岩波文庫版を持参の上、
ぜひ新橋までお運びください。10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »