« 5/13(金)寺子屋素読の会 開講! | トップページ | 「無」とモダンアート »

2016年5月20日 (金)

5/25自由が丘「能の秘密を解き明かす」講座開講します。

Resize0028 自由が丘にて、能の初心者対象鑑賞講座
「能の秘密を解き明かす」4月期第二回が開講となります。

■お能鑑賞 はじめの第一歩 ~能の秘密を解き明かす~
https://www.sankeigakuen.co.jp/contents/course_detail.asp?SC=16&CCD=1060103
5/25(水)10:30-12:00 @自由が丘産経学園
・第二回 能のテーマとストーリー「道成寺」

今回、講座前半では能の歴史とその演劇としての特色(西洋演劇、
歌舞伎・文楽との相違点)、そして能のテーマとは何かをやさしく例を
引きながらご案内します。

後半では能の人気曲〈道成寺〉をとりあげ、道成寺出典である〔道成寺縁起絵巻〕を
ひもときつつ、安珍清姫伝説の深層を探っていきます。
ビデオで往年の名舞台をふりかえりながら、道成寺のみどころである
「鐘つりの次第」「乱拍子」「急の舞-鐘入り」「祈り-柱巻」をひとつずつ解説していきます。

・能〈道成寺〉あらすじ

紀伊の国、道成寺では、春爛漫のある日、再興した釣り鐘の供養が行われることとなった。
住職は、訳あって女性は入れてはならぬ、とお触れを出すが、一人の白拍子の女が供養の舞を舞わせてほしいと寺男に頼み込み、供養の場に入り込む。女は独特の拍子を踏み、舞いながら鐘に近づき、ついに鐘を落としてその中に入ってしまうのであった。
ことの次第を聞き住職は、道成寺にまつわる恐ろしい物語を語り始める。それは……

|

« 5/13(金)寺子屋素読の会 開講! | トップページ | 「無」とモダンアート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/25自由が丘「能の秘密を解き明かす」講座開講します。:

« 5/13(金)寺子屋素読の会 開講! | トップページ | 「無」とモダンアート »