« 4/27「お能鑑賞 はじめの第一歩」講座はじまります。 | トップページ | 5/25自由が丘「能の秘密を解き明かす」講座開講します。 »

2016年5月10日 (火)

5/13(金)寺子屋素読の会 開講!

Dewasanzan 今週の金曜日、寺子屋素読の会5月度講座を開講します。 http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf
■Aクラス 松尾芭蕉「奥の細道」 東北をめぐる芭蕉の詩魂の旅は、
いよいよ終盤にさしかかりました。
今回は、〈立石寺〉〈最上川〉〈羽黒〉の章を読み進めます。
〈立石寺〉では目もくらむような断崖を上り、すべての音が死に絶えたかのごとき静寂の中で、  
閑さや岩にしみ入る蝉の声
の名句が生まれます。
〈羽黒〉では、出羽三山を詣で、修験道の聖地をたずねる芭蕉一行。
2000m級の月山頂上で一宿し、死関を通過した芭蕉は魂の再生を果たします。
そこは炎天下に梅花が咲き、雪中に芭蕉葉が茂る、悟りの世界。  
雲の峰いくつくずれて月の山
の句を得、三山の別当代理、会覚阿闍梨に献ずるのです。
■Bクラス 世阿弥「風姿花伝」 「風姿花伝」の別伝にあたる、
第六花修云を読み進めています。
今回は、第二段落「音曲・働き一心の口伝」と第三段落「強い・幽玄と、荒い・弱い」を講読。 「謡うも風情、舞うも音曲」の万曲一心の奥儀とは?
幽玄な芸とはただ、優しく美しい舞台をいうわけではない。
また、強い芸とはひたすら荒々しく激しい芸をいうわけではありません。
世阿弥は、究極の物真似では「幽玄=強い」になると指摘します。  
危うからぬは強きなり。
「体」と「用」を体得することにより、能芸の「幽玄・強い」の違いが
はじめて明らかとなっていきます。

|

« 4/27「お能鑑賞 はじめの第一歩」講座はじまります。 | トップページ | 5/25自由が丘「能の秘密を解き明かす」講座開講します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/13(金)寺子屋素読の会 開講!:

« 4/27「お能鑑賞 はじめの第一歩」講座はじまります。 | トップページ | 5/25自由が丘「能の秘密を解き明かす」講座開講します。 »