« 11/13(金)寺子屋あります。 | トップページ | 本日初日!三井家伝世の至宝展 »

2015年11月12日 (木)

芭蕉と禅の悟り

Photo


明日11/13(金)寺子屋素読の会、
Aクラス「奥の細道」10:00〜では、〔雲巌寺〕の段落を読み進めます。
http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf

同寺に参禅の師、仏頂禅師の小庵があることを聞き、
深山に杖を曳く、芭蕉。

そもそも江戸深川芭蕉庵と、当時仏頂の止宿していた臨川寺は、
指呼の間。
その道の悟人同士おのずと知り合い、互いに行き来しあう内、
肝胆相照らす仲となったのです。

芭蕉の句には、深い禅の精神が宿り、そのゆえに俳諧は、
単なる言葉遊びに終わらぬ、近世日本を代表する文学となりえたのでした。


古池やかわずとびこむ水の音

この芭蕉の名句は、仏頂との禅問答の中から生まれた、という説があります。
今回は、「禅と芭蕉」というミニテーマで、蕉門独特の句作の秘密に迫りたい
と思います。

寺子屋、初めての方もぜひお気軽にご参加ください。

|

« 11/13(金)寺子屋あります。 | トップページ | 本日初日!三井家伝世の至宝展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芭蕉と禅の悟り:

« 11/13(金)寺子屋あります。 | トップページ | 本日初日!三井家伝世の至宝展 »