« 【言の葉庵】メルマガNo.77発刊しました! | トップページ | 9/30(水)一日体験講座「千利休と茶の湯の歴史」 »

2015年9月 7日 (月)

身に覚えのないブルーベリー成る

Resize0029


マンションのベランダの鉢。

まったくまいた覚えのない、ブルーベリーがすくすく育ち、実を付けた。

7~8年前、マカダミアナッツの木が枯れたので、
ベランダの隅に土の入ったままの鉢を放置していた。

2年前くらいから、見知らぬ草が生えてきたが、雑草だと思い放っておいた。
わさわさと葉をつけだしたが、雑草なので水はやらぬ。
晴天が続くと枯れてしまうが、雨が降るとまたぽつぽつと芽をふき、生き返る。

先日何気なく見てみると濃い紫の実をつけていた。

ブルーベリーに似ているようなので、ネットで検索・照合してみると、
なんと!正真正銘のブルーベリーだった。
ラビットアイ系キャラウェイという品種らしい。もちろん食べられる。

家族もぼくも、ここにブルーベリーを植えた記憶はまるでない。
どこからか種が飛んできたか。

長らく人が住まぬ廃屋を、何年かぶりにのぞいてみたら、
二畳隅炉の茶室になり、千利休が茶をたてていた…。

ベランダの隅で発見した時は、そのくらいの衝撃を受けたものである。
もちろん、せっせと水やりしています。

生命力、生活力のまるでない主人に比べ
25年目に花をつけたパキラといい、
わが家の植物はなんとエネルギッシュなのであろうか。

|

« 【言の葉庵】メルマガNo.77発刊しました! | トップページ | 9/30(水)一日体験講座「千利休と茶の湯の歴史」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身に覚えのないブルーベリー成る:

« 【言の葉庵】メルマガNo.77発刊しました! | トップページ | 9/30(水)一日体験講座「千利休と茶の湯の歴史」 »