« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月21日 (火)

田楽と猿楽の名人伝説

明日、4/22(水)自由が丘産経学園にて4月期新講座「能の名人芸と名舞台」を開講します。

第一回は「室町時代の名人~観阿弥・世阿弥」。
世阿弥の芸談『申楽談議』より、観世父子が師と仰いだ、猿楽・田楽の名人とその舞台のリアルな姿をご紹介します。
田楽の一忠・喜阿弥・増阿弥、近江猿楽の犬王など、名人たちのいきいきとした舞台を世阿弥が感動しながら語ります。

4/27(月)は寺子屋素読の会。
「風姿花伝」は第一年来稽古條々。「南方録」は墨引きの段落をそれぞれ読解していきます。
初参加、大歓迎です!Daidengaku08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

4/22(水)新講座「能の名人芸と名舞台」スタート!

Photo


4月22日水曜日、午前10:30より、自由が丘産経学園にて
4月期新講座「お能鑑賞はじめの第一歩~能の名人芸と名舞台」を
開講します。
https://www.sankeigakuen.co.jp/contents/course_detail.asp?SC=16&CCD=1060103

【講座概要】
■名人の至芸は、いつの時代にも魂がふるえるほどの感動を与えてくれます。
当講座では能の名役者が演じた伝説の舞台を、映像・芸談・能評などを
通してくわしく解説します。室町時代の世阿弥・犬王・増阿弥から、現代の観世寿夫・
友枝喜久夫・梅若六郎に至るまで、数々の名演技と名舞台を再現・鑑賞し、
その至芸の秘密に迫ります。4月から始まる6ヵ月講座。

◆名人の舞台のビデオ・DVDを鑑賞。そのプロフィールと芸質を研究
◆「申楽談儀」「風姿花伝」等の名人のくだりを読解(受講生とともに音読)
◆「鉢木」「弱法師」など名曲の見どころを名人芸で解説します。

第一回目は「室町時代の名人 世阿弥・観阿弥 」。
世阿弥の伝書『申楽談議』より、観世父子をはじめ、田楽や近江猿楽の名人たちの
リアルな舞台と芸風を現代に再現してみたいと思います。

初心者向け講座ですので、能を見たことがない方にもわかりやすく
丁寧に能の鑑賞ポイントをご案内します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

「ぜいいん」とは?現代日本語の変容

ぼくは古典翻訳を通じて、古典名作を現代のことばで再生、紹介しています。
名作を広く紹介することに加え、実はひそかな目論見として「昭和」の
美しい言葉、消滅させるべきではない語彙を150年後に残そうともしているのです。

さて、一部報道で伝えられていますが、平成になって近代の日本語が変わりつつあります。
ひとつは「読み」。

たとえば、今の20代~30代の人は、
「雰囲気」を「ふいんき」と発音している。
もちろん正しくは「ふんいき」。
一度後輩に確認したところ、文字(かな)で書く場合は、
「ふんいき」と書くと答え、自分自身不思議そうな顔をしていました。

先日地元バスの中、若い夫婦の会話から採取した変容日本語は、「全員」。
奥さんが「ぜいいん」「ぜいいん」といっているので、なんだろうと
耳をすませてみると、文脈から「全員」を「ぜいいん」と発音していたのです。

ふんいき→ふいんき
ぜんいん→ぜいいん


現代日本語特有の音便変化がじわじわと進んでいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

4/18「浅草流鏑馬」開催

浅草流鏑馬の写真
4/18(土)浅草流鏑馬あります!
武士の血が騒ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »