« 「ぜいいん」とは?現代日本語の変容 | トップページ | 田楽と猿楽の名人伝説 »

2015年4月17日 (金)

4/22(水)新講座「能の名人芸と名舞台」スタート!

Photo


4月22日水曜日、午前10:30より、自由が丘産経学園にて
4月期新講座「お能鑑賞はじめの第一歩~能の名人芸と名舞台」を
開講します。
https://www.sankeigakuen.co.jp/contents/course_detail.asp?SC=16&CCD=1060103

【講座概要】
■名人の至芸は、いつの時代にも魂がふるえるほどの感動を与えてくれます。
当講座では能の名役者が演じた伝説の舞台を、映像・芸談・能評などを
通してくわしく解説します。室町時代の世阿弥・犬王・増阿弥から、現代の観世寿夫・
友枝喜久夫・梅若六郎に至るまで、数々の名演技と名舞台を再現・鑑賞し、
その至芸の秘密に迫ります。4月から始まる6ヵ月講座。

◆名人の舞台のビデオ・DVDを鑑賞。そのプロフィールと芸質を研究
◆「申楽談儀」「風姿花伝」等の名人のくだりを読解(受講生とともに音読)
◆「鉢木」「弱法師」など名曲の見どころを名人芸で解説します。

第一回目は「室町時代の名人 世阿弥・観阿弥 」。
世阿弥の伝書『申楽談議』より、観世父子をはじめ、田楽や近江猿楽の名人たちの
リアルな舞台と芸風を現代に再現してみたいと思います。

初心者向け講座ですので、能を見たことがない方にもわかりやすく
丁寧に能の鑑賞ポイントをご案内します。

|

« 「ぜいいん」とは?現代日本語の変容 | トップページ | 田楽と猿楽の名人伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/22(水)新講座「能の名人芸と名舞台」スタート!:

« 「ぜいいん」とは?現代日本語の変容 | トップページ | 田楽と猿楽の名人伝説 »