« 7/23(水)能〈杜若〉鑑賞講座 | トップページ | 「戦国武将と茶の湯」講座、恵比寿に教室移設しました。 »

2014年7月23日 (水)

能と茶道、最奥の秘伝書をやさしく読む会

Resize0145 ■寺子屋素読ノ会
7/28(月)夜、開講します。
http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf

Aクラス:『風姿花伝』を読む 17:30-19:00
Bクラス:『南方録』を読む 19:30-21:00


世阿弥『風姿花伝』、千利休『南方録』。
能と茶道の数多い伝書の中で、最高峰と目される、
一子相伝の秘書を有志の皆様と1ページずつ丁寧に
ひもといていく読書会です。

『風姿花伝』は「第四神儀にいわく」を講読予定。
能の起源説、
1.神代(あまのうずめ)
2.インド祇園精舎
3.聖徳太子・秦河勝
4.翁の発生
5.興福寺神事能の起こり
の5つを観世家の伝承からたどりましょう。

『南方録』は「墨引」の段落を講読予定。
あまりに機密度の高い秘伝中の秘伝のため、
漏洩を恐れた師の利休が弟子の聞書きに墨を引いて
抹消したといういわくつきの章段です。
珠光→紹鴎→利休へと師弟直伝で伝えられた
幻の茶法〔曲尺割〕について、その技法を図入りで、
厳密に精緻に解説したもの。
今日の茶道では、すっかり失われてしまった
〔曲尺割〕の真実を解明していきましょう。


※初参加の方には初回参加用の配布資料を個別にご用意します。
事前に【言の葉庵】HPより、メールまたはFAXでご連絡ください。

|

« 7/23(水)能〈杜若〉鑑賞講座 | トップページ | 「戦国武将と茶の湯」講座、恵比寿に教室移設しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能と茶道、最奥の秘伝書をやさしく読む会:

« 7/23(水)能〈杜若〉鑑賞講座 | トップページ | 「戦国武将と茶の湯」講座、恵比寿に教室移設しました。 »