« 能と茶道、最奥の秘伝書をやさしく読む会 | トップページ | 感性は教えられない »

2014年7月30日 (水)

「戦国武将と茶の湯」講座、恵比寿に教室移設しました。

銀座おとな塾産経学園の閉校にともない、「千利休侘び02 茶の世界」(今期テーマ:戦国武将と茶の湯)講座を、8月よりよみうりカルチャー恵比寿へ移設、あらためて開講することとなりました。

◆【言の葉庵】講座一覧
http://nobunsha.jp/img/kozalist.pdf

◆よみうりカルチャー恵比寿
http://www.ync.ne.jp/ebisu/

恵比寿での第一回講座は、8/21(木)10:30よりスタートです。
今回は、〔キリシタン大名と茶の湯〕をテーマとして、安土桃山時代に武将たちの間で大ブームとなった、茶の湯とキリスト教の関係を歴史と文化の両面から深く考察していきます。
利休七哲にもキリシタン武将が複数名いましたが、今講座では高山右近(洗礼名ドン・ジュスト)をとりあげます。

右近遺愛の〈侘助肩衝茶入〉〈右近作 茶杓、共筒〉や、古田織部〈黒織部沓形茶碗XP合わせ字〉など、キリスト教の影響を受けた茶道具の由来を解説。堺衆とフロイス・アルメイダ等イエズス会宣教師との交わりも史書にたどりながら、中世茶の湯創世の秘密に迫ります。

新教室は恵比寿駅直結、アトレの7階です。
ご興味がありましたら、この機会にぜひご参加ください。

|

« 能と茶道、最奥の秘伝書をやさしく読む会 | トップページ | 感性は教えられない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国武将と茶の湯」講座、恵比寿に教室移設しました。:

« 能と茶道、最奥の秘伝書をやさしく読む会 | トップページ | 感性は教えられない »