« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月26日 (日)

1/27(月)『風姿花伝を読む』講座

1/27(月)17:30より、新橋生涯教育センターにて、
『風姿花伝』と『南方録』を読む講座があります。

◇寺子屋素読ノ会
http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf

Aクラス『風姿花伝』17:30-19:00
・今回は第二物学條々の「唐事」から、第三問答條々「開演前にその日の舞台の吉凶を占う秘伝」の項目を講読予定です。

Bクラス『南方録』 19:30-21:00
・今回から「書院」の章を読み進めていきます。足利義政の代より盛んとなった〔書院台子の茶〕と能阿弥由来書院飾りの秘法の数々を、利休の正伝よりたどっていきます。

※本サークルは、入会金・申込・予約、一切不要。参加費一回1500円。どなたでも自由に参加いただける大人の古典講読同好会です。
一度是非ご体験してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隆慶一郎と『葉隠』

Dscn0564 ちなみにぼくの『葉隠』との出会いは、作家隆慶一郎氏の人気シリーズ(時代小説)を通じてでした。
司馬遼太郎、池波正太郎等とは一線を画す、斬新な作品構想と展開に引き込まれ、とりわけ作中の人物描写にはノックアウトされたものです。

たとえば、『一夢庵風流記』の前田慶次郎(漫画〔花の慶次〕にリメイクされました)、『かくれさと苦界行』の松永誠一郎などなど…。
もう、ただただ武士として、人間として、「カッコイイ」につきる男たち。
実はこれらのストーリー展開と人物設定は、『葉隠』から大いに影響を受けたといいます。
ちなみに直接『葉隠』の登場人物(実在)をもとに創作した作品『死ぬことと見つけたり』もあります。

『葉隠』にダイレクトに入るのももちろんよいですが、まずは抜群に面白く、かつ読みやすい隆氏の作品からとっかかる、というアプローチもオススメですよ。

(普段ほとんど文学作品評を書かないのですが、今回はなんとなく駄文を連ねて見ました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

人の心を見たければ、病気になれ。『葉隠』

Hagakure_rakuten1 【言の葉庵】メールマガジンNo.61発刊しました!
http://archive.mag2.com/0000281486/index.html

今回は「葉隠 名段落集」をご案内。
戦国侍の生きた智慧が綺羅星のごとく散りばめられた不朽の名作です。

そう。古典はとても面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

武野紹鴎の名言

「きれいにせんとすれば結構に弱く、
侘敷せんとすればきたなくなり」
(『紹鴎遺文』門弟への十二か条)

【言の葉庵】メールマガジンNo.60発刊しました!
http://archive.mag2.com/0000281486/index.html

今回は千利休の恩師、武野紹鴎の名言をご紹介します。
門弟へ与えた戒め、全十二か条からの一文です。

「きれい」と「侘び」の境目にこそ、真の侘び茶がある。
なかなか見分けることも、実践することも困難ですが、
日本文化の目利きは、このようにして己を磨きぬいていったのかもしれません。

その他の条文も全文掲載しました。
茶の湯を稽古する方のみならず、誰にとっても日々手元において
わが身を振り返るとてもよい手引きとなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

1/16銀座「茶話指月集」講座

1/16(木)10:30-12:00
銀座おとな塾産経学園にて、「千利休と侘び茶の世界」を開講。

今回は、「茶話指月集」以下の段落を味読します。

・信長が所望する津田宗及の肩衝を目利きする利休
・つくも茄子茶入の来歴と松永久秀の名物
・利休賜死原因を藤村庸軒が分析する
・利休名物、四方仏手水鉢と高桐院灯籠
・利休の伝説の茶会、雪の夜不時の会 753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

TVの能狂言を考える

WEBのまとめページから以下ご紹介しましょう。

・NHK「新春能狂言」放送枠削減に抗議の声
http://togetter.com/li/433551

本年2014年度よりNHKでは、恒例の新春3が日能狂言の放映枠を元旦1日のみに縮小。ちなみに今年は「高砂」でした。

みなさまご存じの通り、NHKでは近年能狂言の放送を削減中。
全国能楽ファンより「ついにここまできたか…」と悲憤の声や批判が
編成局へと寄せられているようです。

現代人の生活の中で、あまりに遠くなってしまった能狂言。
公共放送とはいえ、時代のやむなき仕儀…と
あきらめる人もいるかもしれません。
NHKでは番組編成は視聴者の声の多寡によって勘案される、
とコメントしており、「ここがよかった、こんな風にしてほしい」
という要望・反響が、能狂言の場合他に比べて非常に少ない、といっているようです。

生の舞台の能とテレビの録画編集された能は、あきらかに別物です。
しかし、東京や大都市で観能できない地方の方、または高齢者の
楽しみとして、正月三が日の「新春能狂言」放送は特別なもの。

お正月を過ぎ、公共放送の使命・役割と、テレビで見る能、
という2つのテーマでもう一度考えて見たい。
過疎化によりJRローカル線が廃止されるのとは少し意味合いが
違っていると思われるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

メルマガ新年号発刊!「千利休の聖と俗」

Rikumeigen250 【言の葉庵】メールマガジン1/5号、発刊しました!
http://p.tl/tUD4

今回のテーマは、「千利休の聖と俗」。
中世日本文化の奥深さと後世に与えた大きな影響を、
利休が大成した茶の湯文化をたどることで、
一歩身近に感じ取っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK100分de名著「風姿花伝」予告

Fuushikaden1 NHKの番組サイトに、「風姿花伝」1月放送分の
予告がupされました。
http://p.tl/FXMQ

※第二回「初心忘るべからず」の番組画像に、
弊著『現代語訳 風姿花伝』(PHP)が、ちらっと映っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

能のSF「羽衣」を読み解くカルチャー講座

1998 新年はじめの【言の葉庵】講座が、1/8(水)蒲田産経学園にて開講されます。

●「能の神話と伝説」
第四回 羽衣伝説(日本と世界の天人降臨伝承)
http://p.tl/8-Em
1/8(水) 10:30-12:00 於蒲田産経学園

「羽衣」は過去50年間の演能記録によると、日本中でもっとも多く演ぜられた、能のNo.1人気曲。
読者の皆さんの中には、学校の能楽鑑賞教室などでご覧になった方もいらっしゃることでしょう。
でも、いざ見てみ見るとなんだか話の筋がわからず、思わず眠ってしまった方もいるのでは…。

能「羽衣」は、200番ある能狂言の代表曲。

世界遺産、富士山と三保の松原を舞台に繰り広げられる、天女と人間の遭遇をテーマとした、日本最古のSFなのです。
天からやってきた異星人と人類が交わるストーリー。日本では北海道から奄美諸島まで、全国津々浦々に古来言い伝えられてきた物語。さらに、ヨーロッパやアジアなど世界中にある「白鳥処女伝説」「異類婚姻譚」に分類される普遍的な伝説なのです。

能では1時間ほどのごく短いレパートリー。登場人物も動きも少なく、いたってシンプルな外観の演目ですが、実は〔暗号〕や〔仕掛け〕が随所にふんだんに散りばめられた、奥の深い、知れば知るほど面白さが広がる「大人向き」「通向き」の演劇といわれています。

「羽衣」が百倍、千倍面白くなる鑑賞法をこっそりお教えする、超初心者向け能楽鑑賞講座。ぜひこの機会にご参加ください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »