« 「ひとくさり」の意味? | トップページ | NHK Eテレ12/22(日)友枝昭世『清経』放映 »

2013年12月20日 (金)

舞台に舞い降りる能の神「翁」。

さて、いよいよ年も押し詰まり新年を迎える季節となってきました。
能の新年のセレモニーといえば、「翁」。一年でこの季節だけに見られる、もっとも格の高い、本式な能の演目です。

◆能の翁とは?(言の葉庵、「翁」についてのバックナンバーはこちら)
http://nobunsha.jp/blog/post_94.html

「翁」が全国の能楽堂で演ぜられるのは新年、一月の間のみ。来年も各地の能舞台で、元旦より「翁」を含む催しが多数企画されています。

◆能楽公演情報 2014年1月
http://p.tl/kq0h

今年は正月三ヶ日だけで、全13公演が予定されています。
ぜひお近くの能楽堂、能舞台にて初翁を体験してみてくださいね!俗っぽい神社の初詣よりも、よっぽど神聖で、ゾクゾク肌があわ立つに違いありません。千年来、私たち日本人の祖先が「神」と遭遇した儀式がこの能の「翁」なのです。

能にして、能にあらず

と評される「翁」は、世阿弥により、能の根本と位置づけられながらも、他の能の形式から大きく外れることにより、このように呼ばれています。
舞台上でシテが一礼し、面をかけるのも「翁」のみ。
正月、全国の能舞台は注連縄で飾られ、颯々と穢れを払う神聖な気が満ち溢れます。
http://aobanokai.exblog.jp/300927/

ちなみに翁開演中の見所へは出入一切禁止。能楽堂入口扉のドアノブには、紙の帯封がかけられ、開演時間に遅れた客はロビーのモニターで見るハメになります。(庵主も一度経験しました…)

番組中、『翁』とあるのが一番の能。『神歌』は翁の謡のみの声楽曲、『弓矢立合』は翁が複数人舞台にて立ち合う特殊演出です。『翁』の曲中、狂言が演ずるパートを「三番叟」と呼びます。

現行200番ある能の演目中、『翁』は演劇というよりも宗教儀礼に近い厳かな曲。西洋人がクリスマスのミサに参列するように、私たちの祖先が一年に一度、舞台に祈りを捧げた特別な日の特別な行事だったのです。 A0008okina

|

« 「ひとくさり」の意味? | トップページ | NHK Eテレ12/22(日)友枝昭世『清経』放映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台に舞い降りる能の神「翁」。:

« 「ひとくさり」の意味? | トップページ | NHK Eテレ12/22(日)友枝昭世『清経』放映 »