« 銀座、外国人観光客に占領 | トップページ | 明日は新橋「寺子屋素読ノ会」あります。 »

2013年11月24日 (日)

神仏の国、サービス立国

P1010011 日本の未来について、もっと多くの人が意見を積極的に交わすべきと、ぼくは常々考えています。

ものづくりもITも昭和・平成の日本を牽引してきた、とても大事な産業だと考えています。
しかし、世界に類を見ない歴史と文化をもつ日本の観光やサービスに、国と政府はそれほど目を向け、力を入れてきたとはとうてい思えません…。みんな民間にまかせっきりでした。
60-70年代はものづくりが日本の成長をリード、90-00年はITが脚光を浴びました。そして、10-20年代こそ日本の真のサービス力を世界に問う時代なのでは、と考えています。

ハードよりも、ソフト。新規なアイデアや着想のみ追い求めるのではなく、より豊かな心と深い精神性に基づくサービスを全世界に知らしめるべき。たとえば、絶対平等と生命重視を根本とする日本の仏教に、未来のサービスのヒントがあるのでは…とひそかに考えています。

|

« 銀座、外国人観光客に占領 | トップページ | 明日は新橋「寺子屋素読ノ会」あります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神仏の国、サービス立国:

« 銀座、外国人観光客に占領 | トップページ | 明日は新橋「寺子屋素読ノ会」あります。 »