« 死者を迎える「お盆」とは | トップページ | 明日8/26は新橋【寺子屋素読ノ会】 »

2013年8月22日 (木)

美しく、優雅に歌う秘訣。

Photo 珍しく、謡のお稽古の話題です。

当方の能の地謡のレッスンでは、どんな曲のどんな段落であれ、
いつも必ず、師匠に「早い」「遅い」「早い」「遅い」…
と叱られ続ける。

どうしていいかわからず、途方にくれていたところ、世阿弥『申楽談儀』にその理由を発見し、すとんと心に落ちたものです。
上手な謡は決して“早さ・遅さ”のスピードではなく、拍子のノリなのでした。


漫然と美しく謡おうとするだけでは、留めがしまらぬ。機を読んできっと留めれば急の位となり、よろしい。さもなくば、破の位のままでしまりなく終わってしまうのだ。
 拍子一つ一つに緩急をつけ、たっぷり優雅に謡い続けることがよい、と謡うゆえ、拍子が間延びしてしまうのだ。たとえば水鳥が、水面下では懸命に水をかき、進んでいるように、謡の上手は心の中で拍子の乗りをもちながらも、ゆったり美しく謡っているのだ。
 下手はここに至らずして、上辺だけを真似るとみえる。「とかや」を上手が引いて謡うと、下手はその謡い方がよいと思い、「とうかや」などと引きずってしまうのである。

(世阿弥『申楽談儀』十二.謡の心根 2013年8月能文社)

|

« 死者を迎える「お盆」とは | トップページ | 明日8/26は新橋【寺子屋素読ノ会】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しく、優雅に歌う秘訣。:

« 死者を迎える「お盆」とは | トップページ | 明日8/26は新橋【寺子屋素読ノ会】 »