« 万事、かかり(風情)にある。 | トップページ | 禅と茶道 »

2013年7月 8日 (月)

7/10 「はじめて見る能狂言」講座 第四回 実技篇

Img_2274 〔蒲田産経学園〕
「はじめて見る能狂言」
~初心者のための超カンタン能楽入門~
http://p.tl/92-J

・7/10(水)10:30-12:00
第四回 能の実技1。謡・舞・囃子(ビデオ)
能の音楽と演出、その独特の表現を解明し鑑賞する。

能はいくつかの独特のルールを知るだけで、俄然と面白さがわかる。知れば知るほど奥深い世界が広がる、不思議な芸能です。実技や用語のやさしい解説、具体的な舞台鑑賞ポイントを初心者の目線に立って、一つずつ丁寧にご案内していきます。

今回第四回目は「能の実技 -謡・舞・囃子」。
能の声楽である〔謡〕、器楽演奏を担う〔囃子〕、舞や所作の基本である〔型〕について、能舞台を鑑賞する上で必須の基本的な実技のポイントを画像やビデオを駆使してわかりやすく解説します。
参考曲として、人気曲『天鼓』を例に学んでいきます。

※当講座は途中からの受講も、もちろん歓迎です。

|

« 万事、かかり(風情)にある。 | トップページ | 禅と茶道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/10 「はじめて見る能狂言」講座 第四回 実技篇:

« 万事、かかり(風情)にある。 | トップページ | 禅と茶道 »