« 『現代語訳 風姿花伝』5/31読売新聞に掲載 | トップページ | 6/12(水) 蒲田産経学園「はじめて見る能狂言」 »

2013年6月 2日 (日)

仏教は誰のためにあるのか。

1949047fr 『沢庵の名言集』訳出にあたり、沢庵の紫衣事件の時代背景を通覧しました。江戸初期、戦国の世を制した徳川幕府は、以降二百六十年続く太平を築くべく、かつてない厳格な統制を社会のすみずみにいたるまで布きました。



その一つである士農工商という身分制度は、支配層としての武士階級に特権と規制を与えると同時に、国民のあらゆる職業・階級に逃れられない鋼鉄の首枷、足枷をはめたのです。宗教を奉ずる僧侶とてそのくびきを逃れることは不可能でした。
ここに近世特有の政教一致・統制宗教が立ち現れます。このため沢庵は己の信仰を守って幕府に反発、出羽の国へ流罪となるのです。


今回のテーマは、「仏教は誰のためにあるのか」。世界の中でも特殊な日本の仏教。その変遷の時代背景をしばらくたどってみようと思います。

続きはこちら↓
http://nobunsha.jp/blog/post_142.html

|

« 『現代語訳 風姿花伝』5/31読売新聞に掲載 | トップページ | 6/12(水) 蒲田産経学園「はじめて見る能狂言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏教は誰のためにあるのか。:

« 『現代語訳 風姿花伝』5/31読売新聞に掲載 | トップページ | 6/12(水) 蒲田産経学園「はじめて見る能狂言」 »