« 日本の漫画のルーツがこれだ! | トップページ | 5/8蒲田産経学園「はじめて見る能狂言」講座 »

2013年4月28日 (日)

5/22(水)世阿弥「夏」「敷島」復曲・試演会

5/22(水)観世能楽堂にて、 世阿弥生誕650年記念シンポジウムの連動企画として 特別講演、試演会が開催されます。

●復曲特別試演会 観世宗家、観世清和師による 『四季祝言』「夏」、『五音』「敷島」
http://kanze.net/index.php?id=218

5/22(水) 開演14:00~ 於観世能楽堂


入場は無料。往復はがきによる事前申込制です。
5/15までに必着。
他に高桑いづみ・落合博志両氏による解説があります。


両曲は能一番のように舞や演技を伴わない、純粋な声楽曲で、
いわゆる謡い物とよばれる曲。

主に貴人宅で開かれる宴会や祝い事で披露されました。
三代将軍足利義満、二条良基などに指名され、
田楽や曲舞や早歌など、他の芸能者よりひときわ抜きん出、
一層の支援を得るべく、世阿弥が精緻に技巧を
凝らした作品であろうと予測されます。

『四季祝言』「夏」は世阿弥の子、観世元能の『申楽談儀』にも
謡い方の技法が世阿弥の伝として収録されています。

以下、「夏」の記述を含む同書の「文字訛、節訛」についての段落を
全文現代語訳にてご紹介しましょう。



・文字訛、節訛

 「何に」という場合の「に」。てにをは等、助辞部分の訛が節訛である。「何」という言葉、すなわち自立語部分の訛が文字訛である。文字も、てにをはも、同じように思えようが訛の違いをわきまえねばなるまい。

 「松には風の音羽山※1」。観阿弥の「松には風」が訛っているといわれたが、喜阿弥の「秋の野風に※2誘はれて」の「野風」も訛っている。が、良い節訛はかえって面白いもの。さほど興を催さぬところに、節訛を置くべきではない。歌道でも「病に犯されぬ歌※3は苦しからず」というではないか。

 「小野小町は※4」の「は」は音が立ちすぎる。謡いながすべきである。
 「人の宿をば貸さばこそ※5」を句末で落すのは良くない。他ではこのようにもするが、ここは具合が悪いのだ。「貸さばこそ」の「ば」より落すべし。
 『夏の祝言』※6では「うけつぐ国」の「つぐ」を当たって謡うが、これも悪い。ここはまっすぐに謡うべし。

・続きはこちら
http://nobunsha.jp/blog/522.html B02801_ph04

|

« 日本の漫画のルーツがこれだ! | トップページ | 5/8蒲田産経学園「はじめて見る能狂言」講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/22(水)世阿弥「夏」「敷島」復曲・試演会:

« 日本の漫画のルーツがこれだ! | トップページ | 5/8蒲田産経学園「はじめて見る能狂言」講座 »