« 犬猿の仲。織部と桑山左近 | トップページ | 言の葉庵講座初!1月「狂言」のクラス開講。 »

2011年11月 8日 (火)

上手は下手の手本、下手は上手の手本(風姿花伝)

Fushikaden110 能に限らず、あらゆる分野で「ものごとを学ぶ」ということは、どういうことか。650年前の世阿弥の言葉が、とかく知れば知るほど視野が狭くなるわれわれに深い気づきを今も与え続けてくれます。
ぼくも、日頃うまく行って得意になっている時ほど、何度も読み返している『風姿花伝』の名段落をご紹介します。


 質問  能においても人それぞれ得手不得手というものがある。ことのほか劣ったシテであってもある方面では上手に勝る芸をもつ者がいる。これを上手が真似しないのはできないからであろうか。また、真似してはならないので、しないのであろうか。
(質問者:世阿弥)


 回答  一切のことに得手といって、生まれながらにして与えられたよい面があるもの。位は格上ながら、その面についてのみ及ばないということはある。しかしこの場合もまた上手とはいえどもほどほどの上手の範囲ではある。まことに能と工夫を極めつくした上手であれば、どのような芸であろうとできないということなどあろうか。つまりは能と工夫を極めつくした上手が万人に一人もいないということになろうか。いない理由は、工夫がなく慢心のみあるからである。そもそも上手にも悪い面があり、下手にもいい面が必ずあるものだ。ただこれを見分けて指摘する者もなく、本人も自覚していないということか。上手は名を頼み技能にかくされ自分の欠点が見えなくなっている。下手はもとより工夫せず欠点も見えないので、たまたまある長所にも気付かない。されば上手も下手も互いに相手に尋ねるべきだ。反面能と工夫を極めた者はこれを悟るものである。
 いかに下手なシテであっても良いところがあると気付けば、上手もこれを学ぶべきだ。これが一番の方法である。もし良いところに気付いても、自分があんな下手から何を学ぶのだと思い上がる。この心にしばられて自身の悪いところをも無視するようになってしまう。これがすなわち極め得ぬ心となる。また下手にも上手の悪いところが見えた場合。あんなに上手なのに欠点があるものだ、ということは初心の自分にはさぞかし欠点も多いはずと悟り、これを恐れ人にも尋ね工夫をする。これが良い勉強良い稽古となって能は早く上達するだろう。かたや自分はあのように悪い芸などするはずがないと慢心を持てば、自分の長所をも全くわきまえないシテとなってしまう。長所を知らねば短所もよしとしてしまうもの。こうなるといくら年季を積んでも、能は上がらない。これすなわち下手の心というものである。さればたとえ上手であっても、思い上がりは能を下げる。いわんや根拠のない思い上がりはなおさらのこと。よくよく公案し考えることだ。上手は下手の手本、下手は上手の手本とわきまえ工夫すべし。下手の良いところを、上手が自分に欠けている芸域に取り入れることはこれ以上ない理想的な方法ではないか。人の悪いところに気付くだけでも自分の勉強になるというのに、ましてや良いところについては、言うまでもない。「稽古は強くあれ、しかし慢心はもつな」とは、まさにこのことである。
(回答者:観阿弥)


『現代語訳 風姿花伝』世阿弥著 水野聡訳
PHPエディターズグループ 2005年
http://nobunsha.jp/book/post_13.html

|

« 犬猿の仲。織部と桑山左近 | トップページ | 言の葉庵講座初!1月「狂言」のクラス開講。 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の見本 | 2012年2月 6日 (月) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上手は下手の手本、下手は上手の手本(風姿花伝):

« 犬猿の仲。織部と桑山左近 | トップページ | 言の葉庵講座初!1月「狂言」のクラス開講。 »