« 奥の細道行脚。最終回「大垣」 | トップページ | 万葉集は韓国語で詠まれていた »

2010年8月 1日 (日)

名作古典を音読する、楽しいサークル。

1cf968204c7564d7dfd0687e3066410b 名作古典を参加者全員で声に出して読む勉強会、「寺子屋 素読ノ会」。
http://bit.ly/alUNRw

老若男女問わず、みんなで楽しく、毎月勉強しています。みなさんが参加された動機。たとえば、こんな声が聞かれます。

・昔読んだ、大好きな古典作品をもう一度学びなおしたい。
・若い頃一度読んで強く印象に残った作品。本当に正しく意味を理解していたのかなぁ…。
・「…にて候」「…なり」「…たり」「さりながら…」。古語の格調高い文章を味わいたい。
・これまで本を黙読しかしたことがない。音読してみると、ずいぶん印象が変わり、新しい発見がある。
・古典を同好する仲間たちと、日本文化や歴史を語り合いたい。


明日8/2(水)、寺子屋素読ノ会17:30より新橋にて開講します。どなたでも参加OK。もちろん初参加、途中受講大歓迎です。

■Aクラス「葉隠」 毎月第一月曜 17:30-19:00
■Bクラス「風姿花伝」 毎月第一月曜 19:30-21:00
■〈8月新規開講〉Cクラス「山上宗二記」 毎月第四月曜 17:30-19:00
■Dクラス「南方録」 毎月第四月曜 19:30-21:00

|

« 奥の細道行脚。最終回「大垣」 | トップページ | 万葉集は韓国語で詠まれていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名作古典を音読する、楽しいサークル。:

« 奥の細道行脚。最終回「大垣」 | トップページ | 万葉集は韓国語で詠まれていた »