« 奥の細道行脚。第十一回「立石寺」 | トップページ | きのふの我に飽くべし。松尾芭蕉 »

2010年7月 2日 (金)

「一期一会」の意味は?

Rakuten 「一期一会」は、千利休の茶道書『山上宗二記』が初出の言葉です。その本当の意味は、「一生に一度のチャンス」ではなく、「毎日会う人をこそ、大切にせよ」ということ。

客の振る舞いこそ、一座建立の要である。普段の茶会であっても、露地に入り、露地より出づるまで、一期に一度の会と思い、亭主を畏敬することである。
(山上宗二記 現代語全文完訳 2006 能文社)

名言名句の講座あります。
http://bit.ly/doMKCP

|

« 奥の細道行脚。第十一回「立石寺」 | トップページ | きのふの我に飽くべし。松尾芭蕉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一期一会」の意味は?:

« 奥の細道行脚。第十一回「立石寺」 | トップページ | きのふの我に飽くべし。松尾芭蕉 »