« 日本人は、「畳に正座する」民族である。第三回 終 | トップページ | 「日本を今一度せんたくいたし申候。」龍馬の手紙 »

2009年2月14日 (土)

『羽衣』は、首をヨコにして見る。

国立能楽堂公演プログラム『月刊国立能楽堂』。2月号に管理人の随筆が掲載されました。以下、掲載文をご紹介します。

『羽衣』は、首をヨコにして見る。

 はじめて能を見る人に、『羽衣』をすすめる催しが多いようです。能の珠玉の名作、ストーリーもいたってシンプルなのがその理由です。でも、見る前に能独特の〈暗黙のルール〉をいくつか知っておけば、はじめて見る『羽衣』を数倍楽しめるはず。ぼくのお能初体験の感想も取り混ぜながら、いくつかのポイントをご説明いたしましょう。

 生まれてはじめて見た能は、竣工間もない国立能楽堂での『巴』。海外旅行をきっかけに「日本文化にも触れねば」と思い立ち、能楽堂を訪れます。前は、美しいシテの立ち姿、心地よい囃子と謡で夢見るように流れていった。さて問題は、後。シテが女装束のまま、長刀をいかめしく掻いこんで、ズカズカとやってくる。脇正側ギリギリで足拍子を一つ踏むと、ぼくの鼻先めがけ猛然と長刀を振り下ろしたものです。まさか、あのたおやかな美女に自分が斬られようとは…。この強烈な体験に魂を奪われ、以来自他共に認める〈能狂い〉の人生を歩み始めることとなりました。今思えば、あれが世阿弥のいう「花」だったのです。『風姿花伝』には、予期せぬ演出→珍しさ→面白さ。それが観客の心に咲く花となる、とあります。

 さて、それでは能独特の〈暗黙のルール〉をご紹介しましょう。

 まず能舞台では〈ある〉ものが、〈ない〉ことになっています。本舞台のエリア外にいる後見と地謡は〈いない〉ことになっている。透明人間なのです。シテ・ツレなどの役者が舞台後方に下がり、後ろを向いて座る。これを「クツログ」と呼び、役者はそこに〈いない〉ことになる。『羽衣』では〈モギドウ〉という特殊な着付けがあります。上着の両袖を脱いで、腰に巻きつける。これは一糸まとわぬ姿を表現します。キチンと装束をつけているのに、天女の着物は〈ない〉。水浴中なので裸、という設定です。ちなみに狂女物によくある、片袖だけを抜いた着付けは〈半裸〉または、働く姿を表します。

 また、水平の舞台がある瞬間、垂直になることも。もちろん実際に舞台がせり上がるわけではなく、あくまで観客の〈頭の中〉でだけです。『海士』の玉ノ段では、海底に沈んだシテが(正先で座っている)、立って数歩バックすると、真上の海面(鏡板の面)に浮かび上がった、ということになります。『羽衣』では、「あしたか山や富士の高嶺」とシテが幕に向かってサスと、橋がかりが垂直となって立ち上がり、揚幕が頭上、すなわち天となります。観客は〈首をヨコにして〉見れば、天高く舞い上がっていく、天女を目で追うことができるのです(実際そうやって見る人はいませんが)。

 さて、能『羽衣』の原話は、静岡県静岡市清水区三保の松原に古くから伝わる、天人降臨伝説です。天人が下界の人間と遭遇する「羽衣伝説」は日本中・世界中に数え切れないほどある。海外では「白鳥処女説話」とよばれ、異類婚姻譚の一種として様々なパターンを展開。日本最古のものは、近江国風土記にある余吾湖の天人降臨説話。原話では、天人は羽衣を返してもらえず、仕方なく漁師と結婚、子をもうけます。しかし後日、隠された羽衣を発見。天人は嬉々として天へ帰っていくのです。他には、天人と漁師の子供が実は菅原道真公であった…とする伝説まであります。能『羽衣』では一曲のハイライトを天女の帰天の喜びにおいた。序の舞、破の舞、キリ、と高揚感を増していく、天女の舞に焦点を当てるため、後日談をカットして演劇効果を高めたものでしょう。

「いや疑いは人間にあり、天に偽りなきものを」の名句・名場面も、この曲の鑑賞ポイント。羽衣を返せば、舞を見せずにそのまま飛び去ってしまうのでは、と疑う漁師に、天女が返した、人類への痛烈な一句なのです。宝を得た喜びと、天女への同情の間で揺れ動く漁師の心理描写もまた興味深い。人間ドラマと舞踊美をあわせもつ名曲、羽衣。天女とともに富士山の上空3700mから下界を眺めてみませんか。

(みずのさとし 古典翻訳家/能文社代表)

|

« 日本人は、「畳に正座する」民族である。第三回 終 | トップページ | 「日本を今一度せんたくいたし申候。」龍馬の手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『羽衣』は、首をヨコにして見る。:

« 日本人は、「畳に正座する」民族である。第三回 終 | トップページ | 「日本を今一度せんたくいたし申候。」龍馬の手紙 »