« 上海いったある | トップページ | 心の底から、お茶がおいしい。 »

2006年5月 9日 (火)

本をいじめないで!

仕事柄、図書館をヘビーに利用しています。

日頃図書館で本を参照し、いちばん悲しく、腹がたつことは、

「本に書き込みがしてある」こと。

アンダーラインや傍点、囲みはまだましな方で、赤字ではないけど、抹消線を引き、文章を校正しているものまである。著作を「添削してあげている」のだ!

ぼくは、広告コピーライターをはじめとして、かれこれ20年「物書き」で口に糊しています。職業柄、若い頃は上司や先輩に、いわゆる文章添削、コピーチェックを受けてきたし、長じて後は自分自身、後進の人の書いた文章をチェック、添削、指導する立場となっていきました。チェックを受けていた頃は、

「へえーー。そうすればよくなるんだ。なるほどね」と気楽に感じていましたが、いざ立場が逆になると、これが結構しんどい。自分が文章をゼロから書いて直してしまう方が、数倍楽で、人の書いたものを調整する難しさに、いつも額に油汗のにじむ思い。大変苦労しました。ちなみにぼくの好きな『葉隠』に、こんな段落がある。

 人を越えたければ、わが振る舞いを人に言わせ、意見を聞くだけでよい。並の人は、自分ひとりの考えで済ますゆえ一段越えるということがない。人に談合した分だけ、一段越えたものとなる。

なにがしが役所の書類について相談にやってきた。自分よりもよく書けるし、勉強もしている人である。添削を依頼してくる人の方が、添削する人より上なのだ。(聞書二 一三八より)

出版された本には、著作権は別として、著者が自著を世に問う、義務と権利があります。いったん世に出てしまえば、あとでいくら訂正したい箇所があったとしても、もう何もできない…。出してしまった物の責任は一生とらなければならない。そのかわり作品への評価も著者と出版社だけのものです。どんなに「くだらない」作品にも、他人が犯してはならない聖域がある。それが出版物、本です。

子どもが塗り絵か何かの感覚で、無意識に書き込んでいるだけだろうとは思います。この人たちのしていることは。

すべての出版物、奥付には乱丁・落丁のためだけではなく、読者が著書に対し自由に意見を述べられるよう、必ず出版社の連絡先が掲載されている。気になる部分があったら、ぜひその出版社あてに投稿してください。編集担当者から、必ず著者に伝言されるはず。それがいやなら、自分でお金を出して、買ってきた本に自由に書き込みしてください。

(そんな人に買われたくないですけどね…)

あまりネガティブなことはプログに書きたくないのですが、立て続けにあったので、ついつい書いてしまいました。ごめんなさい。

|

« 上海いったある | トップページ | 心の底から、お茶がおいしい。 »

コメント

しおりさま

そうですね。ご指摘どおりこれは、教育というか、「しつけ」の問題ですね。悲しいことに現状、まず、親かその親から始めねばならないケースがありそうです…。
それが無理であれば、親よりも親しいまわりの「お友達」から攻めてみましょうか。まあ、地道にやるしかないですね。

AMAZO×は、梱包は「裸のまま」ですか!!
当庵でも、お買い上げ商品は、ポリの内袋1枚包んでいますが…。
大手は"低コスト"追究で厳しいもんですね。はああ…

投稿: anshu | 2006年5月18日 (木) 20時50分

こんばんは、庵主さん。

公私のたしなみのレベルは教育のレベルだと思います。それも心の教育。
私は偏差値世代でそれなりの大学に進みましたが公私のたしなみレベルは大変低いものでした。力ある存在が、あえてフリーであるもの、ノーマークのものを奪い、必要な存在の手に渡らない。いざ真価を発揮するときには使い物にならない。

本ですら。いえ、本だからこそ。

言の葉を愛する輩には辛いことです。

子供と一緒に図書館の本を修理したり、整頓したり。公共の場を美しくしたり。日々の中で教えることは沢山あり、背中を観られていることを励みに生活していきたいですね。

え?庵主さんの本ですか? ゆっくり、ゆっくり読んでますよ(笑)ちゃんと大切にしてますってば。でも、アマゾ○、豪雨の日に発送されると中が濡れちゃうんですけど……(乾きましたが……)ビニール袋の一枚くらいと思うのはわがまま?

投稿: しおり | 2006年5月16日 (火) 21時53分

Hijiriさま

毎度。です。
図書館の本って、「中古」ありなんですか??
近くの図書館 司書の方にきいてみますね。
ぼくは公共物の中でも、とりわけ「本」には
なみなみならぬ思い入れがあり、悲しさを通り越して
むらむらと「殺意」までおぼえます。
まあ、それはおおげさですが…。
古い本など、怒りに任せ、けしごむで消したりすると、紙が劣化していて破れたりして…(笑汗)

投稿: anshu | 2006年5月11日 (木) 19時21分

私もこれ以上本を増やすとえらいこっちゃなので、基本的に本は全て図書館です。(家探しの時、図書館徒歩圏内というのは最低条件)

確かに書き込みをしてある本は多いですね。ムック本なんかだとページが切り取られていたりとかも見かけます。
私は借りた本に勝手に書き込んだりしているとはあまり思いたくなかったので、”元々誰かの本だったもの”が”今”図書館にあるからだと思うようにしていましたが、やっぱり”借りた”本に平気で書き込みする方がいらっしゃるのでしょうか?
とても悲しいことですね。本に限らず、公共のものというのはある意味自分のものより大切にすべきものなのですけどね。

投稿: hijiri | 2006年5月11日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本をいじめないで!:

« 上海いったある | トップページ | 心の底から、お茶がおいしい。 »