« 2006年4月 | トップページ | 2007年10月 »

2006年5月25日 (木)

心の底から、お茶がおいしい。

ぼくは、お茶が好きです。むろん「茶の湯」「侘び茶」には目下興味が集中しているところですが、今言っているのは、普通に毎日飲む緑茶のことです。

デパ地下産直コーナーで先日買い求めた、熊本の新茶なのですが、これが、ちょっと「生きていてよかった」と思うほど、うまい!熱湯を少しとばしてさまし、濃いめにいれる。一口めが、まるで口の中でとろけるように甘くてお日様の香がする。TVで、ある女優が銘茶の試飲をしたときのコメント「おだしみたい」。まさにそんな感じです。TVのはポット一杯5000円という、とんでもない代物で、ぼくのはたかだか茶葉100g 2500円程度。普通より少しいいもの程度の品物なので比較にはならないかもしれないですけど。

毎朝食にも粉末抹茶でアイスグリーンティーをつくり、飲んでいます。ばちっと眼が覚めて、体中にカテキンがいきわたるのがわかります。ああ、日本人であることを喜びたい…。新茶も飲めず、能も観られない海外には絶対に住む気にはなれませんね。

よい茶を飲む時、舞台の名人芸に涙する時、なぜか「尊い」ということばが脳裏に浮かびます。「ありがたい」というのより、もう一段階上の感情です。

これが日本人のDNAではないのだろうか。英語のrespectとは次元の違う感覚で、今の日本人の中でも、これを感じることのできる人とそうじゃない人がいるような気がします。

それが、よいものを届けてくれた生産者に対するものか、役者に対するものか、はたまたそんな自分をこの世にだしてくれた先祖に対するものなのか、それはわかりませんが、ぼくが仕事をしたり、ものを書いたりする原動力が、この「尊い」という感覚に根ざしているように思えるのです。扇一本の取り扱いにも、細心の敬意をはらって所作する古典芸能の稽古に「尊さ」を再認識しました。ものの「尊さ」がわかれば、むろん人の「尊さ」もわかる。利休の侘び茶の根本精神もこのへんにあるのだろうなあ、とつくづく思いをいたしています。

「たかがお茶一杯」に命一つをぽん、と賭けた桃山の茶人たち。その心を知ろうとする時、「尊さ」というものが、この人たちの心のしっぽにつながっているような気がするのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

本をいじめないで!

仕事柄、図書館をヘビーに利用しています。

日頃図書館で本を参照し、いちばん悲しく、腹がたつことは、

「本に書き込みがしてある」こと。

アンダーラインや傍点、囲みはまだましな方で、赤字ではないけど、抹消線を引き、文章を校正しているものまである。著作を「添削してあげている」のだ!

ぼくは、広告コピーライターをはじめとして、かれこれ20年「物書き」で口に糊しています。職業柄、若い頃は上司や先輩に、いわゆる文章添削、コピーチェックを受けてきたし、長じて後は自分自身、後進の人の書いた文章をチェック、添削、指導する立場となっていきました。チェックを受けていた頃は、

「へえーー。そうすればよくなるんだ。なるほどね」と気楽に感じていましたが、いざ立場が逆になると、これが結構しんどい。自分が文章をゼロから書いて直してしまう方が、数倍楽で、人の書いたものを調整する難しさに、いつも額に油汗のにじむ思い。大変苦労しました。ちなみにぼくの好きな『葉隠』に、こんな段落がある。

 人を越えたければ、わが振る舞いを人に言わせ、意見を聞くだけでよい。並の人は、自分ひとりの考えで済ますゆえ一段越えるということがない。人に談合した分だけ、一段越えたものとなる。

なにがしが役所の書類について相談にやってきた。自分よりもよく書けるし、勉強もしている人である。添削を依頼してくる人の方が、添削する人より上なのだ。(聞書二 一三八より)

出版された本には、著作権は別として、著者が自著を世に問う、義務と権利があります。いったん世に出てしまえば、あとでいくら訂正したい箇所があったとしても、もう何もできない…。出してしまった物の責任は一生とらなければならない。そのかわり作品への評価も著者と出版社だけのものです。どんなに「くだらない」作品にも、他人が犯してはならない聖域がある。それが出版物、本です。

子どもが塗り絵か何かの感覚で、無意識に書き込んでいるだけだろうとは思います。この人たちのしていることは。

すべての出版物、奥付には乱丁・落丁のためだけではなく、読者が著書に対し自由に意見を述べられるよう、必ず出版社の連絡先が掲載されている。気になる部分があったら、ぜひその出版社あてに投稿してください。編集担当者から、必ず著者に伝言されるはず。それがいやなら、自分でお金を出して、買ってきた本に自由に書き込みしてください。

(そんな人に買われたくないですけどね…)

あまりネガティブなことはプログに書きたくないのですが、立て続けにあったので、ついつい書いてしまいました。ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2007年10月 »