« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月25日 (土)

後悔の春

花も月も みぬまにゆくか はぐれぐも

本宅日記にて、よく考えもせずに「目利き」なんていうシリーズをはじめてしまい、今どつぼにはまっています。そもそも、中世日本文化、とくに芸道・芸術分野では「目利き」が核心のテーマであることはわかっていました。まあ、それはわかっていて始めたのですが…。茶道は、まさにあたまからしっぽまで、全身これ「目利き」のカタマリといえる。それでしょうがなく、文献をあれこれつついていたところ、茶道の「目利き」とぴったり合致するキーワード、概念が見つかりました。これが、「目利き」以上にとんでもない代物で、歌、書、画、武道、諸学問まで広汎に関わり、かつ仏教とくに禅ではもっとも重要な概念となっている。キリスト教までからんでくる。

なさけないことに、今週何も手付かずでうんうんいっています。それで別宅に意味もない落書きをしているところ。

今朝、テレビCMで、たしかITキッチンの広告だとおもうのですが、超ハイテクのキッチンに、隠し戸(実は時空をつなぐドラえもんのポケット)があり、そこから現れた信長が、しゃべる調理器具などにひとしきり感心し、「じゃあ、利休も呼んでもいい?」と主婦に聞く。隠し戸からひょっこり顔を出した利休、「呼んだ?」。役者の絶妙な演技と自分のおかれた状況との落差に思わず爆笑してしまったところ、家族に不審な目で、ジロっ。ディレクターの「使える物は何でも使え」の広告屋根性とセンスに、ばかばかしいけど感心しきり。

少し気分がふっきれたので、今夜あたりからとりかかろうかとおもっています。

あー。花は今年みれるのだろうか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »