« 恐るべき、せどらー | トップページ | 後悔の春 »

2006年1月21日 (土)

達人は、恥らう乙女のまなざしをもつ。

ヘンなタイトルですみません。目は心の窓、といいますが、人の心は表情、とりわけ目にあらわれるものと、経験してきました。相変わらず、前置き大好き、話の遠い私をお許しください…。

さて先日、仕事で日本各地の"名店レストラン"の店長さんを取材してきました。各店、仕込みの真っ最中、大変お忙しい中、こころよく取材に応じていただきました。お話をお伺いしながら、ふと気がついたことがある。経歴もパーソナリティも各店長さん、それぞれ全くバラバラなのですが、目の表情がとてもよく似ているのです。はにかみというか、まぶしそうというか…。やさしげで、いかにも謙虚な光をたたえている。みなさんもちろん一国一 城の主。堂々とした物腰で、自信に満ち溢れている。ただ、目だけがやさしそう。長年の肉体的精神的重圧に加え、営業としてもっとも難易度の高い、不特定多数への接客業で鍛え上げられた、いわゆる"人扱い"の達人たちの目です。これと対照的だなあ、と思い出したのが、ベンチャー系のある種の人々の目。恫喝するようにカッと大きく見開かれ、瞳孔は完全に開き切り、そこには何の感情も、光もない。漆黒の闇、ブラックホール…。仕事柄、度々出会う目のタイプですが、そのたびに背筋が冷たくなってしまいます。子供の場合は無垢なまなざしとでもいうのでしょうが、彼等に対しては、傍若無人で未熟なものを感じてしまう。目は口ほどにものをいう。「見開いた目」の人が発する言葉は、すべて素通りしてしまい、心に何も残りません。達人の目は、相手のすべてを尊重し、すべてを受け入れてくれる目です。

若くしてすでにこんな目をもつ人もいるし、いい年で社会的地位のある人でも目に何の表情もない人がいます。さて、自分はどんな目をしているのだろうか…。こればかりは、意識してにわかにつくれるものでもないので、たとえ相手が好きな人であれ、苦手な人であれ、人の話しを一生懸命に聞こうと心がけています。耳を傾ける目には光がうまれ、ただ一方的にしゃべるだけの人の目は、ただの黒い穴…今回の取材で確認することができたような気がするからです。

|

« 恐るべき、せどらー | トップページ | 後悔の春 »